ギャッベは、伝統的な美しさと多くの機能性を備え、多くの人々にその魅力を伝えてきました。美しい手織りの技法と深い歴史が絨毯に込められています。

こちらの記事では、手織り絨毯ギャッベの歴史や美しさに焦点を当て、ギャッベ絨毯の世界へと誘いましょう。


ギャッベとは?

ギャッベとは、イラン南部のシラーズ周辺に暮らす遊牧民族「カシュガイ族」の女性たちが、伝統的に織ってきた毛足の長い手織り絨毯を指します。羊の毛を手で刈り取り、手で紡ぎ、草木等の天然染料で染めた後、手で織られて完成します。

ギャッベは耐久性が高い絨毯として有名です。なんと100年以上も使用できると言われています。実際、親から子、子から孫へと代々受け継がれ、使うほどにその味わいが増していくのです。長年にわたり存在することで、‟ものを大切にする”という価値観を子供たちに教えています。

最大の特長は、独自のデザインにあると言えるでしょう。生命の木と言われる灌木や山羊、羊などががいきいきと描かれているのです。どの絨毯にも織り手の自由な感性と家族への願いが込められており、同じ人が何枚織っても同じデザインにはなりません。つまりギャッベは、世界に1枚しか存在しない絨毯と言えます。


現代の生活に適したインテリアとして注目

 

世間的に有名なペルシャ絨毯と同じカテゴリーではあるが、ギャッベ独自の文様や色合いが多くの人々から愛されています。そして現代の生活にもデザインがマッチしており、インテリアとして注目されているのです。

肌触りも素晴らしく、絨毯の上を歩くと手織り独特の弾力が感じられ、その心地よさを体感できるでしょう。夏はさらっとしており、冬はほんわりと暖かく、年中快適に使用できます。

さらにギャッベは汚れにくく、しっかりとした手紡ぎの糸を使用しているため、重い家具を置いてへこんでしまっても時間が経つと元に戻ります。目がつまっているためホコリは絨毯の上に乗っている状態になり、奥まで入り込みません。掃除機をかければいつまでも清潔に保つことが可能です。また、ダニの心配も少ないです。

ギャッベは、手仕事の温かみや作り手の個性、そして世界に一つしかない独自の表情を持つ特別な絨毯と言えるでしょう。日本の暮らしや日本人の心と体を豊かにしてくれる存在として、多くの人々に愛され続けています。


ギャッベの文化的背景

ギャッベはイランの遊牧民「カシュガイ族」の伝統的な生活必需品として、その歴史と文化に深く根付いています。ザクロス山脈の厳しい自然環境での遊牧生活を生き抜くため、ギャッベという絨毯を作ったことが起源です。

この地域では、遊牧民は家畜の飼育や絨毯織りを主な生業としており、家畜である羊の毛がギャッベ製作の原料となっています。

羊の毛を手で紡いで糸を作り、自生する草木を利用して天然の染料で染め上げる。このような手間のかかるプロセスを経て、ギャッベは誕生するのです。

紡がれてきた知恵の集積が、強度と美しさを持った絨毯を生み出し、家族間で代々受け継がれる宝物となっています。

テント生活が主である遊牧民たちは、ギャッベをテントの床に敷き、そのフカフカとした弾力性でゴツゴツした地面から身を守ります。ギャッベは、遊牧民たちにとって快適な生活空間を作るための不可欠なアイテムなのです。

さらにギャッベは嫁入り道具としても使用されることがあり、新しい家庭を築く際の貴重な持ち物として扱われています。

ギャッベはカシュガイ族の生活や文化、そして自然との関わりの中で形成されてきた、深い歴史と伝統を持つ絨毯であると言えます。

 

ギャッベの歴史的背景

ギャッベとは、カシュガイ族の長い歴史と共に、素朴ながらも洗練されたデザインへと進化してきました。

市場に登場したのは、絨毯史では比較的新しく、20世紀後半となっています。はじめはゴミと言われ全く評価されなかったギャッベですが、その魅力に取りつかれたヨーロッパの方が、市場で紹介すると、ギャッベの素朴なデザインや鮮やかな色彩が高く評価され、瞬く間にギャッベという名が知れ渡りました。

しかし近代化の進展と共に、伝統的な手織りのギャッベ製作は減少の一途を辿ることに。根気のいる絨毯織りより、街で働きたいという若者が増え、織子さんの数が減少しています。そこで、伝統的な織り技術が途絶えることが危惧されるようになったのです。

この伝統的な織り技術の価値を認識し、2010年にユネスコが無形文化遺産に登録。ギャッベを織る遊牧民の手織り技術が評価され、後世に受け継がれるべき文化としての価値を認知したのです。

現代のギャッベは伝統的な製法やデザインを受け継ぎつつ、現代のニーズに応えるよう進化しているのです。遊牧民の生活や文化に根差した伝統的な製作技術やデザインは、現代のギャッベの魅力として引き継がれています。

ギャッベの製造

ギャッベの製造に欠かせない要素は、次の3つです。
● 素材
● 染料
● 織り方

それぞれ詳しく解説していきましょう。

素材(羊毛)

羊毛は優れた天然素材として知られています。特にギャッベは、厳しい寒暖差のある遊牧生活に適応するため、調湿効果に優れたウールが使用されています。日本においては、梅雨などの湿度が高い時季にも、ウールが湿気を吸収しつつ発散することで、快適な環境を提供してくれるでしょう。

またウールは、丈夫で長持ちしやすい特徴があります。静電気も発生しにくいため、ホコリを吸い寄せにくい特徴があります。さらにミスターギャッベのギャッベは、柔らかさと艶に優れた冬毛が使用されています。放熱・保温性に優れているため、一年を通して快適に使用できるでしょう。

羊毛には天然の油分であるラノリンが豊富に含まれており、これが汚れに強い理由です。

最後にギャッベは、自然の素材を用いた草木染めが採用されており、化学染料が一切使用されていません。そのため、年月が経つといい色合いに深みを帯びてきます。経年変化を楽しめるのは天然染料で染められたものだけです。

染料

ギャッベ絨毯の色彩は自然の染料を用いており、独特の深みと温かみを有しています。素材や色の特徴について、解説していきましょう。

赤:赤い色は、主に西洋アカネの根やコチニールから得られます。西洋アカネの根は昔から染料として使用されてきたもので、深い赤色を持っています。一方、コチニールは昆虫の一種であり、鮮やかな赤色が特徴です。

茶:クルミの外皮を使用することで、茶色が得られます。クルミの外皮には天然の染色成分が含まれており、それが染料として用いられます。

薄茶:ピスタチオや木の皮からは薄茶色を得られます。柔らかい薄茶色を生み出すことが可能で、ギャッベの絨毯の中で独特の雰囲気を醸し出してくれます。

黄:ザクロの皮が、美しい黄色を得るための染料として用いられます。ザクロの皮には天然の染色成分が豊富に含まれており、鮮やかな黄色が誕生するのです。

緑:ジャシールという素材を用いることで、薄い黄色を得られます。ジャシールは染料としての性質を持つ植物です。これにインディゴを掛け合わせて緑色となります。

青:青色は、インディゴを使用します。インディゴは昔から染料として利用されており、深い青色を表現してくれます。

織り方

ギャッベの織り方は、シンプルながらも手間がかかります。しかしその結果として、独特の風合いと美しさを持つ絨毯が完成するのです。ギャッベの織り方について詳しく解説していきましょう。

ギャッベの織りは、織り機に経糸をはるところから始まります。2人で向かい合ってテンポよく糸を通していきます。ギャッベを織るのは水平機と言われ、地面に直接置くタイプのものです。安定した場所での織り作業が可能です。

織り方の工程は次の通りです。
①色糸の結びつけ:経糸の2本に色糸を絡ませ、手前に引っ張ってカットします。一般的にギャッベはトルコ結びと言われる技法です。

②緯糸の通し:一列の色糸を結び終わったら、緯糸を通します。この緯糸は、絨毯の横方向に沿って通され、結んだパイル糸がほどけないように固定します。

③シャーネでの叩き締め:次にシャーネという緯打具を使用して緯糸を強く叩き、締める作業を行います。結んだパイルと緯糸をしっかり締めて、列を揃えます。

④ハサミでの整え:最後にハサミを使用して、長さが不揃いのパイル糸を整えます。こちらにより、絨毯の表面が平坦で整ったものとなります。

上記4つの工程を、絨毯が完成するまで繰り返します。1畳くらいのサイズを織るだけでも、3か月ほどの時間がかかると言われます。この作業を繰り返すことで、ギャッベ絨毯は独特の風合いと美しさを持つのです。

ギャッベのデザイン

ギャッベ絨毯のデザインには、遊牧民の生活や信仰、伝統、願い、感謝などが反映されています。いくつかのデザイン要素とその意味について解説していきましょう。

羊・ヤギ:財産を意味します。遊牧の生活において、羊やヤギが主な収入源であるためです。

生命の樹:健康や長寿、生命などの多くの意味を持つ強力なシンボルであり、人々の生活と神聖さをつなぐものとして表現されます。

ザクロ:豊穣を象徴するデザインであり、ギャッベに頻繁に登場します。ザクロ:子孫繁栄や子供:子供の成長を願うデザインです。


ラクダ:かつて遊牧民の重要な移動手段であり、成功の証とも見なされていたため、成功を象徴するデザインとして織り込まれています。

四角:遊牧生活において、生命の命綱となる水や井戸、そして幸せな未来への願いを表現するためのデザインです。

オオカミの足跡:魔よけの意味が込められています。羊やヤギを襲う恐ろしい存在であるオオカミを遠ざけるためのシンボルです。

鳥:美しさや幸福を象徴し、神様からの使者としての役割も持っています。特にクジャクは、美と王権の象徴として用いられます。

ジグザグ:水の流れやオアシスを示し、生活に欠かせない水への感謝の意味が込められています。

メダリオン・フック・櫛・十文字:主に魔除けや邪視からの保護を求めるシンボルとして織り込まれます。

陰陽やひし形:生命の調和や部族のアイデンティティを象徴するデザインとして使用されます。

上記のデザインはギャッベ絨毯上で美しく表現され、織子の心情や願い、信仰を形にしています。ギャッベの絨毯は単なる装飾品ではなく、織り手の人生や文化を反映した深い意味を持つアートワークと言えるでしょう。

地域や製作者によるギャッベの違い

ギャッベとは、イランで織られた手織り絨毯です。

ミスターギャッベは、遊牧民女性によって手で織られ、草木染めで、デザインの種類が豊富です。

インドで作られたものは、ギャッベ風のものです。糸は機械で紡がれ、化学染料で染めたものです。
織りの技法は、手織りとは異なります。シンプルなデザインが特徴です。

ギャッベの用途

ギャッベ絨毯は、肌触りのよさとデザイン性の高さから多くの場所で使用されます。自宅でくつろぐ時間をより一層特別なものにしてくれるでしょう。特に日本では、床に直接座る文化が存在しているため、ギャッベの柔らかい風合いは心を和ませる要素となります。

敷く場所は様々なヴァリエーションがありますが、一般的な例を挙げて解説していきましょう。

リビング:ソファ前にギャッベを置くことで、リビングスペースをより快適に、居心地の良い場所に変えられます。特に日本の生活様式では直接絨毯の上に座ることが多いため、クッション性が高いことは重要です。ギャッベの柔らかな肌触りは、快適な時間を提供してくれるでしょう。

ダイニング:ギャッベをダイニングテーブルの下に敷くことで、食事の際、足元が癒されます。また食事中の雰囲気をより豊かにする要素となります。

玄関:玄関は家の顔とも言える場所です。ギャッベを玄関に置くことで、来客を温かく迎える雰囲気が作り出せます。

子供部屋:子供部屋にギャッベを敷くことで、遊ぶスペースや読書の際のリラックスした場所として利用できます。またギャッベの柔らかさは、子供たちが遊んで転んでも、受け止めてくれます。


ベットサイド:朝起きてベッドから降りるとき、夜寝る前にベッドに入るとき、裸足の足をギャッベが心地よく迎えてくれます。

廊下:冷たい廊下が心地よい空間に変わります。ギャッベを敷くことで快適な生活を送ることができます。

ギャッベ絨毯の美しさを肌で感じる

ギャッベは、伝統的な手織りの絨毯であり、世代を超えて家庭で受け継がれてきました。独特のデザインと色彩、そして手織りによる細やかな仕上げから、高い芸術性を持つとともに、実用性も兼ね備えています。

床に座る文化を有する日本では、ギャッベ絨毯が快適な暮らしをサポートしてくれるでしょう。